雨の日の結婚式

みなさんこんにちは☺

 

 

先日の16日(土)

お天気予報では雨☔でした。

 

16日挙式予定のご新婦様が

 

 

二日前に最終確認として

サロンに来てくださって

 

 

いよいよですね🎶

って話をしていたら、

 

 

「でも当日は雨みたいで・・・。」

 

 

 

と少し寂しそうにされていたので

 

 

 

雨の日の結婚式のすばらしさをお伝えしました✨

 

 

 

 

6月は日本では雨季。

雨の日の結婚式で気持ちがブルーになっている

新郎新婦がいたら教えてあげてください💖

 

 

今日はそんなお話をしていきます。

 

 

 

 

 

そもそも雨☔は「恵の雨」。

とっても神聖な意味があります。

 

 

 

結婚式においては

神様がふたりの一生分の涙を零し、

これから起こりうる苦難を洗い清めてくれるもの。

 

と言われています。

 

 

また、

天と地を雨で結び

神様が天界から天使を降り注いでくれる

 

 

とも信じられていました🎶

 

 

 

神聖な祈りの想いが込められた

浄化の雨、恵の雨ってことですね😘

 

 

 

「雨降って地固まる」

という日本のことわざ通り、

 

良い状態で固く結ばれる。

と願いの意味も込められています。

 

 

この言葉はスピーチでもよく取り入れられていますよ~

 

「人は雨を嫌がるもの。

でも雨が降った後は、かえって土地が固く締まり、良い状態になる」

そもそも

ジューンブライド って言葉。

よく耳にするとは思いますが、

どうしてジューンブライドっていうかご存知でしたか?

 

 

ギリシャ神話の結婚を司る女神ヘラは英語名ではJUNOといいます。

 

ヘラ(JUNO)は6月の守護神であり、

家庭・女性・子どもをの守護神でもあります。

 

 

英語で6月のことをJUNEというのも、

ヘラ(JUNO)からの命名なんですね🎶

 

6月に結婚式を挙げると

ヘラ(JUNO)の加護があることから

 

 

ジューンブライド と言われるようになりました💗

 

 

また、

発祥の地ヨーロッパの6月はとても気候も良く、

天気も安定した時期ということと、

復活祭でのお祝いムードや

3月~5月は農作業で忙しい時期のため、結婚が禁止されていたから

解禁される6月に結婚する夫婦が多い等など 諸説ありますが(笑)

 

 

「恵の雨の多い6月は結婚の守護神が見守る式になる」ということには

変わりはないですね✨☔

 

 

 

 

ちなみに、、

以前もブログで紹介しましたが、

 

Hawaiiでは

 

NO Rain ,NO Rainbow

 

雨が降らなければ虹は出ない🌈

 

という言葉や

 

雨の日に結婚式をすると子宝に恵まれる

 

と言われているんです。

 

前記しましたが、

雨は天使。

 

雨の中、祝福を受けるふたりを考えると納得がいく気がしますね😘

 

 

 

 

 

 

私個人的にも、

雨は大好きなのですが、

 

 

雨の日はそんなに多いものではありません。

 

限られた時間だからこそ、

 

雨が降るたびに、結婚式の日を想いだせて

素敵なことじゃない?

 

 

 

 

ってお話したら

16日の新婦様はとっても素敵な笑顔になって

結婚式が楽しみになりましたって気分を高めてくれました✨

 

 

 

 

結局16日は

おふたりの願いが届いて雨は降らなかったけど笑

それはそれでハッピーウエディングでしたね🎶

 

 

 

 

 

 

mahalo🌈

 

 

コメント

コメントを残す