ハワイの守護神のお話✨

皆さん、こんにちは😊

早速ですが、今回はハワイの「守護神」について、アップしてみたいと思います✨🙏✨

古来よりハワイの人々の宗教的な考え方の中に「アウマクア(守護神)」というものがあるそうです✨

ご先祖様が神となり、仮の姿をして子孫を見守っているという考え方で、アウマクアはホヌ(海ガメ)やサメ、フクロウなどの動物であったり、マイレの葉などの植物、雨や雲といった自然現象であることも!

アウマクアはその家に代々伝わるもので、もしそのアウマクアが現代に食用とされている場合、たとえばサメや魚だったとしたら、その子孫は絶対にそれらを食べることはしないそうです✨

そういえば、私が大好きなドラマ『Hawaii five-O』でも、そんなやりとりをする場面が出てきた覚えが‼️


古代より、ハワイの人々は自分たちの守護神であるアウマクアが、いつも自分や家族、そして自分たちに身の回りにいる動物、植物、魚までも守ってくださっていると信じていました。

そのアウマクアの中には、人間の姿をした神々もおられるとも聞いたことがありますが、主に先祖の霊が海ガメ、サメ、トカゲ、フクロウなど50種以上の動物や植物に宿ったものとされています。

そして子孫たちに危機が迫ると、なんらかの方法でそれらの動物が知らせにやって来たり、実際に危機に直面すると助けに来てくれると信じているのです✨

アウマクアとは「アウ」が旅をするという意味、そして「マクア」は先祖という意味なのです。つまり「子孫たちのために何かあると、あの世からはるばる旅をして助けに来る」という意味から来ているんですね😊❤️

アウマクアは、先祖代々その家庭に受け継がれているものなので、勝手に自分で好きなアウマクアを決めることは、残念ながらできません⚠️


また自分のアウマクアの入れ墨を彫ることで、いつもアウマクアに守られていると考えたり、アウマクアを象った骨で作ったアクセサリー、ボーンネックレスなどをしている人も多く見かけます。

ハワイの人たちは、常に自然と一緒に自分たちが存在し、守られ、またその自然を大切にしながら生活をしているのだなーと、感じさせられます😊

もし自分がハワイアンだったら、自分のアウマクアはなんだったのかなーなんて、妄想してしまいました🤣

では今回はこの辺で…

Mahalo🌈


コメント

コメントを残す