ありがとう(Mahalo)を表してみませんか✨

少し前のウエディングのお話です。

海外へ2年間の単身渡航が決まっていた新郎様。

その渡航の前に結婚式を挙げたいと、おふたりでご相談に来てくださいました。

 

パーティーの日程が決まり、お打合せを進めていくと、新婦様のお誕生日がパーティーの3日後とのこと。2年間離れて過ごされる新婦様に、とびきりのサプライズをしかけたい!と、担当の山口が新郎様へご提案。

 

その当日、ゲストの皆様には「新婦様のお誕生日のお祝いを…」とご協力いただき、おふたりが中座されている間に、ゲストにバラを一本ずつ持って花道を作っていただきました。

そこへ再入場されてきた新郎新婦。

 

ゲスト全員から「おめでとう!」とのお声がけとともに、新婦様へバラを手渡し。

新婦様は、突然のことに驚きながらも、「ありがとう」と満面の笑みで受け取られていました。

 

新婦様に渡されたバラは、ゲスト、スタッフ合わせて、その数なんと100本!

 

100本のバラは

『100%の愛』

『永遠の愛』

 

その花束がこのお写真です♡

そのバラを花束にして、新婦様の大好きなブランドのアクセサリーと一緒にプレゼント🎁

 

そしてもうひとつのサプライズは、新郎様からの「お手紙」💌

 

新郎様は、今までに新婦様への感謝の気持ちをお手紙に書いたりしたことが無かったそうですが、そのお手紙には…

「今まで気持ちを言葉にしたり、手紙に書いたことなんてなかったけれど…

これから2年間離れ離れになるけれど、留学を笑顔で許してくれてありがとう。

君と結婚出来てホントに幸せだよ」と

想いがたくさん込められた、ステキなお手紙でした。

 

『サプライズ』をしかけるために準備をしたのではなくて、これから離れて過ごす新婦様に、離れて過ごす間だけでなく、一生残るプレゼントになったらいいな~と、心から想いながら、考え、ご準備をお手伝いさせて頂いていた山口。

 

そんな山口が新郎新婦様と一緒に創る、形だけでなく幸せのたくさんつまった結婚式を、もっともっとマハロウエディングと共に、多くの皆様に知っていただけたら、嬉しいなと思っています✨

Mahalo🌈

 

 

コメント

コメントを残す