女性の皆さまも、挙式は”正装”のムームーで♡

前回の”正装”アロハ・シャツの続きで、今回は、女性の”ムームー”について👗お届けしますね🎶

 

ムームーとはハワイ語で「Mu’umu’u」と表記され、これは上下につながっているドレスを意味しています。

 

上下につながっているドレスというのは、つまり、ブラウスとスカート…ではなく、”ワンピース”ということです。

 

 

上下が別々になったスーツスタイルは、タブーとされていて、これは「分かれている」→「別れる」からきているという説もあり、ハワイでも地域性があるので絶対、ではありません。

 

ハワイの場合は、上下がつながっていればよいので、上身ごろが無地で、下のスカート部分が柄入りの生地でも、NGといということはありませんが、よりフォーマル感を出すには、同じ生地でつながったワンピースが好ましいとされています。

丈は、下までのドレス丈か、膝下丈が良いとされています。

 

ミニでもタブーではありませんが、フォーマル感は薄れてしまいますね💦

 

 

ミニ丈の場合は、幅の広い、スカート丈よりも長くなるショールを着用することによってフォーマル感を出すこともできるのですが、これは身長が高い方でないとなかなか難しい着こなしかなと💦

 

 

また、ものすごく格式の高い教会💒で挙式をする場合は、綿素材ではなくシルクを思わせるしなやかな生地のムームーでなければならない…とされているようですが、そのような教会では外国人の結婚式は挙げられないので、日本人の結婚式であれば、綿素材で問題はないかと思います。

 

それから、髪飾りとレイも必需品!

 

靴はサンダルでも構いませんが、ミュールのようなサンダルや下駄はタブーとされていて、バックベルトのあるものの中でも、パンプスが一番フォーマルです。

 

 

…と、参列される方も、ハワイだからカジュアルで開放的になもので…ということではなく、”正装”ということで、おふたりのためにご準備されてみてくださいね。

 

 

参列される皆様の参考になれば、幸いです♡

では、また!

Mahalo🌈

コメント

コメントを残す