ハワイ語で聞いたことあるかも?!

皆さん、こんにちは!

趣味でフラを習っている私の教室では、春から夏にかけてはイベントシーズン真っ只中です🌴✨ 

フラのレッスンの中では、ハワイ語で指示されたりすることも多いのですが、その中で一番初めに覚えたのが

「Pau(パウ)」(終わり、終了)

でした。

それはなぜかというと…

基礎練習が終わった際に、先生が必ず仰るから🤣

レッスンを始めたころは何を言われているのか理解できず、なんとなく聞き流していましたが、「終わり」という意味だとわかってからは、その「Pau」を聞けるまでがんばれば、休憩できる…と思いながら、必死で動き続けています🤣

ハワイでも、食事が終わった頃、「All Pau?」と
聞かれることもあるかもしれません😆✨

イプヘケ

その他、意外と聞いたことのあるものとしては…

Pau Hana(パウハナ)
仕事が終わる
Hana は、仕事。 
「パウハナ」というと、仕事終わりにちょっと飲みに行くような早めの時間や、ハッピーアワーなどに、パウハナメニューという言葉が入ってることもあります☝

Hale (ハレ)
家、建物など
ダウンタウンにあるホノルル市庁舎はHonolulu Hale (ホノルル・ハレ)と呼ばれています。

Lanai(ラナイ)
ベランダ
ホテルなどで、よく聞く言葉です。  

Kokua(コクア)

協力する、助けあう、手伝う

→Mahalo for your kokua
ご協力ありがとうございます。

工事現場などのフェンスに書かれていることが
あります。 

→Please kokua
ご協力お願いします。
バスに乗ると乗客に向けた音声アナウンスで、耳にするかもしれません。

Makahiki(マカヒキ)
感謝、お祝い等 

元の意味は「収穫」や「1年」なのですが、そこから神への感謝などの意味も含む言葉になったそうです。

Hou(ホウ)
もう一度

英語で言う、againの意味になります!

Hauoli Makahiki Hou!(ハウオリ マカヒキ ホウ)はハワイ語であけましておめでとう!の意味。

ちなみにHauoliとは、「幸せ」「幸福」という意味を表します✨

そして、ぜひハワイでショーやコンサートなどでアンコールをしたいときには、

「Hana Hou!(ハナホウ)」(アンコール!)

と声をかけてください😊✨

ハワイでは会場のあちらこちらから、Hana Hou!という言葉が飛び交うのに気づくと思います🥰 

こんな風に、気づくとなんとなく見たことあった、聞いたことあったという言葉があるかもしれません。

ハワイに行った際には、使ってみてくださいね💕

では今回はこの辺で…

Mahalo🌈

コメント

コメントを残す