ハワイの言い伝え☆

緑豊かで、光あふれるハワイでは、古くからの伝説や言い伝えがたくさんあり、またそれを大切にしている文化があります🌴

 

そんな中から、今回は少しお届けしたいと思います✨

 

★ビーチの砂や火山の溶岩をハワイの外へ持ち出してはいけない

 

ハワイの外へ持ち出すと、火の女神ペレの災いがもたらされる。

その不運は、持ち出してしまったものをきちんと元の場所へ戻すまで続く。

 

基本的に、ビーチの砂や、溶岩以外でも、自然界のどんなものもハワイの外へと持ち出してはいけない。こうした行為はタブーである。

 

これは、ハワイの自然を維持していくためだけではなく、自然界のあらゆる存在はそこに存在する意味があり、意思がある…として尊重しているハワイで、とても大切にされている考え方ですね。

 

綺麗だから、と勝手に石や貝殻、サンゴなど持って行ってはいけないのです!

 

ハワイの人々は、花や草木を摘み取る際にもお祈りをささげ、摘んでも良いか許可を得てから行うほど。

 

いつでも、自然そのものに感謝をしながら、大切にしています。

★ 船にバナナを持ちこんではいけない

魚が獲れなかったり、災難にあってしまうだろう。

 

釣りを目的としている場合は不漁になってしまうし、レジャー等であっても船にバナナを持ち込むのは、ハワイの人々は縁起が悪いとして避けているんだとか!!

 

ちなみにフラダンサーは「振りが滑る(忘れる)」として、食べることがNGという説も😲

 

 

このように、自然と共にあるハワイアンならではの言い伝えが、まだまだたくさんあります✨

それは、また次の機会に。

ではまた!

 

MAHALO🌈

 

コメント

コメントを残す