招待状のルール?!

『招待状』、自分で作ってみようと思うと、色々と気を付けなければいけないことがありますね😅💦

 

まずは、言葉のルール。

 

結婚式では、別れや結婚を繰り返すようなことを連想させるような言葉を「忌み語」といい、避けるマナーがあります。

 

返す、繰り返す、切れる、別れる、去る、戻る、離れる、帰る、破れる、切れる、出る、出す、飽きる、壊れる、重ね重ね、たびたび、またまた…など

 

文章のルール。

「お祝い事には終止符を打たない」という理由から、「、」「。」などの句読点を使わずに、スペースを空けたり、改行して書きます。

 

段落の行頭も空けないのがしきたりです。

 

投函のルール

挙式・披露宴は、大安吉日にこだわっていないので、投函日にもこだわらない、という考えもあれば、招待状はゲストに一番最初に届くものだから…という考えも、どちらも間違えではないかと思います。

 

ただ、ポスト投函では、招待状が折れたり汚れたりする可能性も高くなりますし、年配の方には特に『お祝い事は、大安の午前中に』という考え方もあるので、大安の消印となるよう、郵便局に持ち込むと良いかと思います。

 

 

…と、少し思い出しただけでも、細々とありますが、個人的には、プロはお任せするのが一番!と思っています‼🤣

 

新郎新婦のおふたりがやるべきこと、考えることは、他にたくさん✨

 

おふたりが考えなければ進まないこと、パーティーの中身にたくさん時間をかけて欲しいな〜と思っています。

 

ブーケや装花は、フラワーアーティストに。

ヘアメイクは、メイクさんに。

司会はプロに。

パーティー全体については、ウエディングプランナーに。

 

それぞれの道のプロが、おふたりの結婚式をお手伝いするためにいますので、うまく役立ててください😊

 

マハロウエディングでは、

『挙式の翌朝、あなたはどんな気持ちで迎えたいですか?』

のクエスチョンから、パーティーの準備が始まります。

 

形ではなく記憶に残るウエディングを、マハロウエディングと一緒に作りませんか💍

サロンでお待ちしております❤️

 

MAHALO🌈

コメント

コメントを残す