お祝いのウエディングケーキ

みなさんこんにちは🌞

 

ウエディングケーキの由来は諸説ありますが、

古代ギリシャで結婚式の際に

 

子宝に恵まれることを祈って花嫁の頭上でビスケットを砕いてまいたのが始まりと言われている

と以前もブログでご紹介したかと思います🎶

 

現在のウエディングケーキの原型となっているのは

イギリスの伝統的な3段ケーキで

 

1段目はケーキ入刀後に招待客へのデザートとして配り、

 

2段目は当日出席できなかった方へ贈り、

 

3段目は保存して結婚記念日や子供が生まれた際の記念日に食べる

 

とされていました🍰

 

 

そんなウエディングケーキは大きく分けると5種類あるんです✨

 

 

①フレッシュケーキ

生ケーキのことで

生クリームやチョコレート、フルーツなどを使ったケーキで

材料、形状ともに様々な種類があって一番お目にかかる機会が多いかと思います😘

 

 

②シュガーケーキ

ウエディングケーキの原型に近いもので、

しっかりと焼いたフルーツケーキをマジパンとアイシングでコーティングしたもの。

 

3段に重ねるのが本来のスタイルです✨

保存性に優れ、表面が固くコーティングされているので

細かいでデコレーションも可能なのでオリジナリティのあるウエディングケーキに仕上がります😘

 

この時は

新婦がピアノの先生だったので会社のマスコットキャラクターを用いて

ウエディングケーキの妖精になってもらいました🎶

 

③クロカンブッシュ

プチシューをカラメルや糖衣で接着しながら円錐状に積み上げたもの。

本来は木づちで打って取り分けます😲

 

シューには

豊作と子孫繁栄の願いが込められているんです。

 

クロカンブッシュのバリエーションとして

円錐状の土台に色とりどりのマカロンをあしらった「マカロンタワー」も人気です💖

 

 

④カップケーキ

小さなカップケーキやグラスに入れたケーキなどを3段、またはそれ以上の代を使って

ウエディングケーキのように並べるスタイル♪

 

デザートビュッフェなどにして

ゲスト自身にとっていただいたり、食べやすいのが特徴のケーキです🍰

 

一口大のケーキを棒にさして、

ロリポップキャンディーのような形に仕立てた「ケーキポップス」も人気のようですね(^^♪

 

 

 

⑤イミテーションケーキ

これはケーキの模型

高さをだす演出として作られたケーキのことで実際には食べられません😘

天井の高いホテルやゲストハウス等では見栄えがするケーキですね🎶

ファーストバイトの時は予め用意した

生ケーキが別に出てきてそちらで行います💖

他にも、

飴細工で作ったケーキや、中華や和では

桃饅頭、ようかん饅頭などなど会場にあった演出が人気です✨

幸せのおすそわけ(*´ε`*)

恋愛運をあげてくれそうなハッピーケーキ🍰ですね

mahalo🌈

コメント

コメントを残す