ハワイの虹の意味🌈

皆さん、こんにちは😊

早速ですが、今回はハワイの【ことわざ】のお話しを🌹✨

 

 

ハワイは『Rainbow State』(虹の州)と言われているくらい、虹がシンボルとなっています🌈

 

自動車のナンバープレートや免許証までにも、虹のデザインが使われているのを、見かけたこともあるのではないでしょうか

 

 

虹が2本かかっている『ダブルレインボー』

円になっている『サークルレインボー』

満月付近の夜の月にかかる『ムーンボー』

など、虹といっても色々な虹があり、それを見た人は、お願い事をすると叶うとか、幸福になれると言われています✨

 

 

また、虹にはスピリチュアルな意味もあり、ハワイアンの人々の伝説では、

『虹はこの世と天国をつなぐもの』

『神様の道』

と信じられていました。

そんなハワイアンが好きなことわざに、こんな代表的なものがあります。

【NO RAIN, NO RAINBOW】

 

これは【雨が降らないと虹は出ない】、つまり辛いことの後には、幸せが待っているという意味✨

 

日本にも、『雨降って地固まる』ということわざがありますが、雨のように苦しく思えることも、私たちの人生に豊かな実りを与え、幸せを運んできてくれるというとてもポジティブなことわざですね✨🌈

 

ちなみにハワイ語で虹はānuenue (アーヌエヌエ)と言います。

 

 

ハワイでおふたりで見る虹は、きっと格別なはずです😊❤️

ぜひ、マハロウエディングで挙式しませんか🌈

 

では、また‼

Mahalo🌈

コメント

コメントを残す