エンゲージリングの選び方💍

婚約の証に贈りあう

 

婚約記念品

プロポーズの時の贈り物、ですね🎶

男性から女性への贈り物の定番は

やはりエンゲージリング💍です

 

 

プロポーズの際にサプライズで

指輪の入った箱を出して跪いて告白。

 

 

なんてシチュエーションに憧れているかたも

いらっしゃるのではないですか??(笑)

 

昔は給料の3か月分なんてよく耳にしたかと思いますが

今は30万円~40万円前後が平均となっているそうです💸

 

デザインも豊富だし、

ブランドも様々。。。

 

 

ふたりでよく相談して、

デザイン、価格、着け心地など意識して選んでいきましょう!

 

 

 

今日はエンゲージリングについて少し紹介したいと思います💡

 

 

 

 

 

エンゲージリングの形、

ざっくり分けると4種類になります💍

≪ソリテール≫

最もオーソドックスなタイプで

立て爪で一粒のダイヤモンドを止めたエンゲージリング。

ダイヤモンドの輝きが一層引き立つデザインで

女の子の憧れ Tiffanyの王道デザインですね✨

≪パヴェ≫

 

 

パヴェ とは石畳という意味を持ちます。

小粒のダイヤモンドを石畳のように贅沢に敷き詰めた豪華なデザインが魅力的ですね✨

≪メレ付き≫

 

 

センターの石を彩るように小粒のダイヤをちりばめるタイプ

指先に存在感と個性を表現してくれるデザインです✨

 

≪エタニティ≫

 

指輪の全周に小粒のダイヤモンドをうめこんだリングで

永遠に続く愛を象徴としています。

エンゲージリングやマリッジリングは

永遠につけていきたいもの。

ただ若いころと年齢を重ねたころとでは

指の太さも正直変わります。。

指輪自体はお直しが聞きますが、

エタニティの場合、一周ダイヤモンドをあしらっているので

お直しが難しい場合もあるそう。

半周のハーフエタニティであればお直しも聞くので

こちらもおすすめです💍✨

 

 

デザイン、価格共にバラエティー富んでいますが、

一番人気はやはりダイヤモンド💎

宝石の中で、最高の高度と透明度をもち

誰にも壊すことのできない固い絆とピュアな愛のシンボル

 

と言われています。

ダイヤモンドの価値は「4C」で決まり、

品質評価の項目になります。

 

それぞれ

 

カラット(Carat)

大きさではなく、重さを示す単位

1カラット=0.2グラム 重ければ重い程価値があります

 

 

カット(Cut)

ダイヤの形と研磨状態によって5段階評価されています。

最高ランクはexcellent!

エンゲージリングはgood以上のランクで贈りましょう🎁

 

クラリティ―(Clarity)

透明度を表す基準のこと。

傷や、欠けていないか、ダイヤの中に不純物は無いかで評価されます

 

カラー(Color)

ダイヤにも色が存在し、

無色のDから始まり、

茶色味を帯びるごとにZまで格付けされます。

当然、Dに近い方が価値が高いです💎

そして・・・

 

挙式の中で交換をするのが

結婚指輪 マリッジリングです。

式の後は

マリッジリングとエンゲージリングを掛け合わせてつけることで

絆を深め、愛を封じ込めると信じられています👼

男性陣のみなさん、

彼女の憧れリサーチをさりげな~くお願いしますね💖(笑)

女性陣のみなさん、

エンゲージリングを贈られたらちゃんと御返しを忘れないように!

彼の趣味のものやスーツ、革製品が人気のようですよ(^_-)-☆

 

それでは素敵なプロポーズを応援しています💍

 

 

 

プロポーズ、成功したらおふたりでマハロウエディングに遊びに来てくださいね🌊💖

ハワイの素敵なところをお話します🌺

 

mahalo🌈

コメント

コメントを残す